Slide 1


  • 伊東按針祭式典

    2017 年 8 月 10 日

    按針祭式典が伊東市観光会館大ホールにおいて行われました。
    ウィリアムアダムス、日本名「三浦按針」の功績を讃え今年で記念すべき70回目を迎えました。

    按針による日本最初の様式帆船の建造が、歴史上初の各国との共同プロジェクトです、
    そこから各国との友好の歴史が始まりました。
    按針生誕の地イギリスメドウェイからのご来賓を始めとして各国の皆さん、また近隣、遠方から多くの方々にご参列いただき記念となる式典セレモニーとなりました。

    そして70周年を記念し、小野市長のたっての希望で伊東出身ソプラニスタガラシャさんによるミニライブで歌声、オペラ座の怪人を披露していただき幕を閉じました。

    按針の偉業を称え顕彰する意味でも大河ドラマの招へいが待ち望まれます。