Slide 1
title
■ 平成27年度県政報告会 要旨 ■

本年も県政報告会を市内十カ所で開催し、各会とも多くの皆さまにお集まりいただき、報告では様々な話題をお話させていただきました。

■ 就任した県連政調会長に付いて ■
足繁く地方支部を回り、そして各団体や市町からたくさんの要望書をいただきました、それを受けて予算編成、続けて来年度議会に向けて編成に入ります。
この役職は責任と権限を備え議案内容に踏み込む県財政の要となる職務です。
伊東では38年ぶりとなる県連三役の名前に負けず、地元が栄えて行けるよう働くチャンスと考え、皆さまのご意見を聞き、やりがいを持って務めて参ります。

■ 地方創生、国政に付いて ■
伊東市が打ち出している総合戦略を元に市民への還元が行われるよう尽力しています。
開設した都心のアンテナショップを伊豆の常設宣伝拠点として更に拡充し、革新的な観光戦略としてモバイル技術を活用したサービスの展開、そして移住推進を視野に入れた人口減対策として不動産情報も提供して行きます。
エネルギー施策では経費の節減に資し生活を守る方策に付いて、再生可能エネルギーなどの燃料施策への視点を持っておること、また防災対策として景観に配慮した現実的な方策をお示ししました。

■ 各地域の課題に付いて ■
国の施策として予算が社会保障費へと移行している中、臨港、交通の整備、施設の改修、移転、拡充の課題などがあります。
具体的には、津波対策に於いて防潮堤では無く施設整備に予算を充て、そしてソフト面でも充実を図ること、災害に強く国土強靭化にも資する伊豆縦貫道に付いては、その櫛の歯道となる市道県道の充実を急務として行くことなどがあります、
また魚市場内陸フロンティア計画の進捗や、各地区の行事がスムーズに催行できるよう努めることもお話しいたしました。

全十回の県政報告会は各会、皆さまに熱心に耳を傾けていただき又生の声をお聞きする貴重な機会でした、誠にありがとうございました。
今後も皆さんの声をしっかり聞いていく姿勢を持って、原点である伊東の様々な課題に取り組み働いて行くことをお約束いたします。

県政報告会「岡・鎌田・泉地区」

2015 年 11 月 26 日

ひぐらし会館で今年の最終10回目となる県政報告会「岡・鎌田・泉地区」を開催いたしました。
地区区長、後援会長そして自民党市議団からも多くの市議の方にご出席いただき、重責を担う小野の活躍は明るい話題であることや、県議として期待される小野を皆で支えて行く旨などをお話しいただきました。
また今回は報告が耳の不自由な方にも届くよう手話通訳の方をお願いいたしました。

就任し鋭意働いております県連政調会長の役職も、富士山世界遺産センターのことなども案件に含め予算編成に向けて更に活発化しています、
またこの役職は議会や各委員会に於いて、議案内容への賛否や方向性を作成し決めるやりがいのある職務でもあります。

報告として、地方創生に於いては観光そして不動産情報も提供する都心のアンテナショップを更に拡充すること、又ジオパークに付いてニュースとなったいるか漁に付いては水産庁から国政として許可を得ていることをお伝えしました。
加えて国の施策に於いてお話したのは、マイナンバー制度によって住民手続きが簡略化されることや常に念頭に置いている新しいガス資源、そして再生可能エネルギーなどの燃料施策への視点です。
また地域に則しては区長からご質問もいただき、交通網の整備、施設の移転に伴う課題や拡充に付いてお答えさせていただきました。

最後の今回も大勢の方にお集まりいただきました、全十回の県政報告会は各会、皆さまに熱心に耳を傾けていただき又生の声をお聞きする貴重な機会でした、誠にありがとうございました。
今後も皆さんの声をしっかり聞いていく姿勢を持って、原点である伊東の様々な課題に取り組み働いて行くことをお約束いたします。



県政報告会(八幡野・赤沢地区)

2015 年 11 月 20 日

八幡野コミュニティーセンターで「八幡野・赤沢地区」を開催し今年の県政報告会全10回のうち9回目となりました。
地域役職の方、そして地元選出稲葉市議と中島市議、篠原市議にご出席いただきました。
先月八幡野区長様が急逝されましたが、今までの課題についてご要望にそって事業を進めていくことを報告いたしました。
赤沢地区も急傾斜地崩落危険箇所など課題が残っていますので確実に前進させてまいります。



県政報告会(富戸地区)

2015 年 11 月 18 日

冷たい雨が降りしきる中で富戸地区での「県政報告会」を開催いたしました。
夜間お疲れのところ、足元が悪いなかを大勢の方が参加して頂けましたことに感謝しております。
石井弘義富戸地区後援会長が開会の挨拶、富戸区長の石井勝守様からは県への要望を中心として市に対しても参加いただいた宮崎雅薫市議会議長と長沢正市議会議員に寄せられました。質疑応答では海岸の整備について「真っ白な砂」にいつ頃なるのか、などの質問にお答えしました。
富戸地区では特に県道の整備と国道との取り付け口に事業を集中させてまいります。



県政報告会(玖須美・新井・富士見地区)

2015 年 11 月 17 日

玖須美・新井・富士見地区の県政報告会を玖須美温泉会館で開催いたしました。

地元区長、区議会議員の皆さま、地元選出の榎本市議、また佐山市議、中島市議、そして浜田体育協会長にご出席いただき、ご挨拶やお知らせをしていただきました。

三期目で就任した県連政調会長として責任と権限を感じる中、11月末より始まる予算編成に向け、現在、伊豆を始め県内各所からの要望を取り上げ財政当局との調整が始まっています。
観光面に付いては観光入り込み客数の増加、そして地方創生に於いては伊東市が打ち出している総合戦略を元に市民への還元が行われるように尽力することをお話ししました。
更に革新的な観光戦略としてモバイル技術を活用したサービスに着手しています。
地域に則して、着手している魚市場内陸フロンティアのことや、ソフト面でも充実を図る津波対策、交通施策、またマイナンバーなど新しい制度のお話もいたしました。

伊東では38年ぶりとなる政調会長として、名前に負けず地元が栄えて行けるよう働く所存もお話しした報告会です。



県政報告会(宇佐美地区)

2015 年 11 月 14 日

宇佐美地区の県政報告会を14日「宇佐美コミュニティセンター」にて開催いたしました。
地区後援会長、区長をはじめとして地元選出の中島市議に加えて佐山市議、榎本市議にもご出席、ご挨拶をいただきました。

県政報告として政調会長の活動をお話しいたしました。
夏に67カ所の自民地方支部を回りましたこと、続けて秋は11月まで各団体や市町からの200以上に上がる政調会への要望書、内容は福祉から各産業、商業に渡ります、を検討しております。
そして年末に掛けて予算を取り仕切り、来年度議会に向けて伊豆、伊東にメリハリを付けて編成に入ります。
地域に根差す活動としては、この秋の各地区祭典に於いて交通規制が強く厳密化されたことを受け、以前のような祭典催行が出来るよう尽力しておること、又、国政に付いては今後、制度の変わる選挙やマイナンバー制度、地方創生に付いても随時お知らせすること等をお伝えしました。

いつも力強いご支援をいただく宇佐美地区で100名を超える皆さまに集まっていただき、実りある報告会を開催できました。



県政報告会(池地区)

2015 年 11 月 13 日

伊東市池地区の県政報告会を13日の夜「生涯学習センター池会館」において開催いたしました。
稲葉区長からは県道の第3工区の早期完成を強く要請され、用地の確保に力を合わせて実行していくことになりました。川の整備と隧道の整備、農地基盤整備など抱えている「池」の課題をスピード感を持って進めてまいります。
また市議会議員も多数いらしてくださいましたので市で進めることもしっかりと対応してまいります。



県政報告会(川奈地区)

2015 年 11 月 12 日

川奈地区の県政報告会は漁民の家です。
多大なご支援をいただいている川奈地区では後援会関係、区長をはじめとして多数の方、また地元から宮崎市議、そして榎本市議がご参加、ご挨拶と近隣に則した身近なお話しがございました。

地域の改修に付いてお話させていただきました。
国の施策として予算が社会保障費へと移行している中、臨港や交通、身近な生活道路の渋滞緩和を県へ要望しております、
そして地震対策は既に進み、これからの景観に配慮した津波対策に於いて防潮堤では無く施設に予算を充てる、そうして更にいるか浜等の施設の改修に尽力して行きます。
また観光施策として美しい伊豆創造センター、アンテナショップに付いてお話させていただきました。

車座のアットホームな雰囲気の会場で、女性の支援者の方にも多くお集まりいただき、顔を見合わせてご要望をお聞き出来、有意義な会を催すことが出来ました。



県政報告会(吉田地区)

2015 年 11 月 7 日

吉田地区の県政報告会を吉田区民会館で行いました。
地元から後援会関係、区長をはじめとして多数の方、また自民党から佐山市議、友党公明党から長沢市議がご参加、ご挨拶をいただきました。

吉田地区の交通網整備に付いては既に完遂した部分を報告し、渋滞緩和を鑑み近年中に更なる発展を目指していること、また災害に強く国土強靭化にも資する伊豆縦貫道に付いては、その櫛の歯道となる市道県道の充実を急務としている考えをお伝えしました。
なお伊東、伊豆の国市間は緊急輸送道路の指定を受け国の予算での施工が可能となっています。

県に於いてこの時期は、予算立案着手のため各自治体からの要望聞き取りが始まっています。
観光、サービスに立脚する拠点として伊豆創造センター、伊東独自のアンテナショップ、また県が主導するアンテナショップも東京にオープンしていることや移住推進も視野に入れた人口減対策に付いてお伝えしました。
地元吉田地区の伊豆の瞳、一碧湖はジオサイトの一角をなします、その取り組みもお話させていただきました。



県政報告会(荻・十足地区)

2015 年 10 月 29 日

荻・十足地区の県政報告会を生涯学習センター荻会館で行いました。

今回も地元から荻・十足区長をはじめとして多数の来賓の方、また地元選出市議として青木市議に、そして自民市議団から佐山市議、榎本市議そして中島市議にお忙しい中ご参加いただき、貴重なご支援の挨拶をいただきました。
私は県財政の要となる政調会長として今200以上の要望書を精査しています、そしてそれを積み上げて予算を組む立場にあります。
伊東選出県議として県連三役は約三十年ぶりです。
それは伊東の身近な声を実現して行くチャンスと考え、皆さまのご意見を聞き予算増加の実現に向けて県に対して、県内全域を視野に入れまた地元も注視した上で強く働いて参ります。
県政のお話の中で地元の交通要望に対しては、伊東大仁線の早期実現、荻・十足の道路要望に尽力することを、エネルギー施策としては安定的に、経費の節減に資し生活を守る方策に付いて、そして観光施策としてはアンテナショップ等で都心に伊豆の宣伝拠点を常設していることなどお話しいたしました。

今回は和室を使い忌憚のない意見交換が出来、ご出席の皆さまと膝を交える得難い機会となりました。



県政報告会(湯川・松原地区)

2015 年 10 月 26 日

本年最初の県政報告会を、多くの湯川、松原地区の皆様にお集まりいただき松原温泉会館にて開催いたしました。
今年度県政報告会は集約して開催し皆さまのご意見、ご要望を聞く機会ともしたく考えています。
今回は地元から区長をはじめとして多数の来賓の方、また地元選出市議としてお二人の市議及び複数の自民党所属市議の方々にもお忙しい中ご参加いただき、貴重なご支援の挨拶をいただきました。
私は県連政調会長として今、県内党支部からの切実な財政要望を直接に聞いている渦中にあります、そしてその聞き取りヶ所はまさに67カ所に及びます。
県政報告では地方創生、景観に配慮した現実的な防災対策、そして介護の問題について具体的な数字を交えてお話させていただきました。
その他たくさんの報告をし、真剣に聞いて頂いたご参加の皆さんからご意見とご要望も頂戴しとても有意義な時間になりました。