Slide 1


  • 三浦按針生誕祭第31回

    2017 年 9 月 23 日

    伊東市で日本初の洋式帆船を建造した英国人「ウィリアム・アダムス」三浦按針生誕祭第31回が行われました、
    強風のため場所をメモリアルパークから東海館へ移しての開催です。

    長く続く生誕祭は按針の功績を称え業績を後世に伝えます、そのためにも伊東以外の按針ゆかりの地とも協力して大河ドラマの主人公として是非招致して行きたいと考えています。
    市長あいさつでは各国との交流も進めたい、そしてエピソードとして来日したイギリスのメイ首相が按針のことに触れたことも紹介いたしました。

    生誕祭では顕彰のためブリティッシュ・カウンシルディレクターの詩の朗読、司式の方による賛美の進行、大田楽、合唱などが行われました。

    今年はメモリアルパークの景観整備が進みステージの完成記念も兼ねた生誕祭でもありました、観光への期待も高まります。