Slide 1


  • ◆ 広報いとう2月号、タウンミーティング特集

    広報いとう2月号はタウンミーティングを特集しています。

    地域タウンミーティングとは、小野市長が市民の皆さんのところへ直接伺い、地域で困っている身近な課題や伊東市の未来について意見交換を行うものです。

    市長はこれまでの地域タウンミーティングについて
    「概ねイメージしていたものに近いものが実施できていると思います。

    地域ごとに皆さんの生の声を聴いて、今、何が、市政に求められているのかを探っていきたい・・・そして、それを可能な限り市政に反映させ、市民の皆さんの満足度を高めていけたら、と思っています。

    そしてその地域の本当の課題や要望を知るためには、地域ごとに話を聴くべきだと思っています。
    もしも、タウンミーティングを、伊東市北部・伊東市南部、など大きな括りで開催すると、発言する人も周囲に遠慮して、身近な課題を挙げにくくなってしまうかもしれませんし、意見を聞いている他の参加者も、自分には関係のない意見だと他人事のようになってしまうかもしれません。そのためにも、今のところ15の行政区ごとに実施することが適しているのではないか、と考えています。」
    と述べています。

    こちらからタウンミーティング2019活動レポートのまとめがご覧いただけます。

    また広報いとう2月号は、こちらからpdfでもご覧いただけます。